不動産総合データベースについて

1. 不動産総合データベースの概要

 不動産総合データベースは、各所に分散している不動産取引に必要な情報(過去の取引履歴、周辺環境に関する情報等)を集約し、一覧性をもって提供するシステムです。国土交通省が横浜市等との連携のもと、試行運用を実施します。
 今回試行運用する不動産総合データベースの利用者は宅地建物取引業者を想定しています。レインズシステムと連携し、不動産総合データベースから取得した情報を、宅地建物取引業者から消費者に対して提供します。

   続きを見る



試行運用について

1. 試行運用の目的

 プロトタイプシステムをモデル地域内の宅地建物取引業者に実務の中で活用頂き、システム導入により得られる効果や、情報収集・管理・提供等に係るシステムの機能・運営等に関する課題を把握し、その結果を基にシステムの本格構築・運用に向けた検討を実施します。

2. 試行運用の概要

自治体名 試行運用の概要
神奈川県横浜市 ○対象物件 : 横浜市に所在する売買物件(戸建・マンション・土地)
○利用者  : 神奈川県内の(公財)東日本不動産流通機構(東日本レインズ)会員
○期間   : 平成27年6月1日~平成29年3月末(予定)
静岡県静岡市 ○対象物件 : 静岡市に所在する売買物件(戸建・マンション・土地)
○利用者  : 静岡県内の(公社)中部圏不動産流通機構(中部レインズ)会員
○期間   : 平成28年10月1日~平成29年3月末(予定)
大阪府大阪市 ○対象物件 : 大阪市に所在する売買物件(戸建・マンション・土地)
○利用者  : (公社)近畿圏不動産流通機構(近畿レインズ)会員
○期間   : 平成28年10月1日~平成29年3月末(予定)
福岡県福岡市 ○対象物件 : 福岡市に所在する売買物件(戸建・マンション・土地)
○利用者  : 福岡県内の(公社)西日本不動産流通機構(西日本レインズ)会員
○期間   : 平成28年10月1日~平成29年3月末(予定)


これまでの検討状況

 ○不動産に係る情報ストックシステム基本構想について

 ○不動産に係る情報ストックシステムの試行運用に向けた横浜市との連携について




■個人情報保護方針はこちらをご確認ください。

■お問合せ先 不動産総合データベース コールセンター
 電話 050-3132-1463  (受付時間:9:00-12:00,13:00-17:30(土・日・祝日・年末年始(12/28-1/3)を除く))